野球部紹介-詳細

1917年(大正6年)ー前身の運動部から正式に野球部として発足。
1925年(大正14年)-國學院大學、専修大学、日本大学、東洋大学、東京商科大学(現一橋大学)、宗教大学(現大正大学)で東京新大学野球部連盟(旧連盟)を結成。國學院大學が優勝。※東京六大学野球連盟は同年秋に結成。
1929年(昭和4年)ー野球部約20名が、当時では珍しい満州・朝鮮への海外遠征を行う。
1931年(昭和6年)春ー國學院大學、専修大学、日本大学、東京大学、中央大学で五大学野球連盟(現東都大学野球連盟)を創立。五大学野球連盟設立以前に、國學院大學は日本大学等と東京六大学野球連盟へ加盟申請を度々行っていた。当時の関東の大学野球で東京六大学各校に準じる実力を持っていた大学は、國學院大學と日本大学の二校であったという説がある。
1931年(昭和6年)-秋季リーグ戦において、國學院大學と日本大学は6試合6勝0敗勝ち点3で並び、両校同率で優勝預かりとなる。(球場難のために、國學院大學と日本大学の直接対決が行えなかったため)
1935年(昭和10年)-國學院大學、専修大学、日本大学、中央大学、東京商科大学で東都大学野球連盟を創立。
2010年(平成22年)ー 秋季リーグ戦において一部リーグ戦初優勝を飾る。

 

主なプロ野球輩出選手
酒井弘樹(元近鉄)
渡辺俊介(元ロッテ)
矢野謙次(日本ハム)
梅津智弘(元楽天)
佐藤亮太(元中日)
嶋基宏(楽天)
聖澤諒(楽天)
伊藤義弘(元ロッテ)
高木京介(巨人)
谷内亮太(ヤクルト)
杉浦稔大(ヤクルト)
山下幸輝(DeNA)
田中大輝(巨人)
柴田竜拓(DeNA)